2009年11月29日

鎌倉物語(第六回)

久しぶりに

『鎌倉物語』の続編を書きますペン

もう1ヶ月くらい前の話ですけど

なかなか書けないでおりますもうやだ〜(悲しい顔)

さて

前回は建長寺の章ではないですけど

その建長寺の続きになります次項有

そうですわーい(嬉しい顔)

天狗の住む山へ向かうところでしたexclamation

途中

このような穴がありました次項有

09.11.03 050.jpg

そして

山へ向かうのですが次項有

途中には民家家があったりしますexclamation

その為

『道を間違えたかがく〜(落胆した顔)?』



勘違いして戻られる人もいたようですあせあせ(飛び散る汗)

自分は

この先にあるのを知っていたので

先に進みました次項有

眼前に

階段が見えて来ました目

登って右斜め上登って右斜め上登りました〜わーい(嬉しい顔)

すると

彼らが迎えてくれましたバッド(下向き矢印)

09.11.03 051.jpg

09.11.03 052.jpg

09.11.03 055.jpg

ここで手を洗いバッド(下向き矢印)

09.11.03 054.jpg

更に上を目指しました右斜め上

『着きました〜わーい(嬉しい顔)

眼前には

相模湾でしょうか?

09.11.03 056.jpg

09.11.03 058.jpg

方向を変えると

09.11.03 057.jpg

09.11.03 059.jpg

もう絶景でしたわーい(嬉しい顔)


自分は山と書いてますが

富士山や筑波山といった

本格的な『山』というほどの規模ではないのでしょうけど

登るのも降るのも結構

いい運動ですくつくつ


円覚寺と建長寺の展望台から観える目風景は

本当に大好きですわーい(嬉しい顔)

天狗のパワーを得た気がしますわーい(嬉しい顔)

この景色を観る事目が出来ただけでも

自分は満足と言っても過言ではありませんexclamation×2

建長寺を後にしようとする前に

『梵鐘』を拝見しましたexclamation×2

09.11.03 060.jpg

09.11.03 061.jpg

北条時頼公が

この建長寺に

心血を注いで建てたのが良く判りますexclamation

恐らく

『国家の安寧』を祈られたのでしょうexclamation

この頃

日本国にも

『元』の圧力が迫ってきたのかもしれませんねがく〜(落胆した顔)

そんな

建長寺を後にして

次に向かったのが次項有

鎌倉を代表する

『鶴岡八幡宮』でありましたくつくつ

09.11.03 064.jpg

その話は次回に致します。

本日はこのへんで失礼します手(パー)


http://ping.blogmura.com/xmlrpc/8cy7lj63xv3u


















posted by よしの at 22:06| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然の中の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134268981

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。