2009年11月15日

鎌倉物語(第三回)

さて本日

ブログの更新次項有をさせて頂きます。

忙しくてあせあせ(飛び散る汗)

なかなか更新次項有出来ませんでしたが

113日に訪れました

鎌倉の話

『鎌倉物語』の第2

更新していきたいと想います次項有

他にも

FXの話とか書きたい事があるのですけども

『いざexclamation鎌倉ダッシュ(走り出すさま)

失礼しましたわーい(嬉しい顔)

先ずは鎌倉ダッシュ(走り出すさま)のお話をさせて頂きますexclamation

2回においては

鎌倉幕府8代執権

北条時宗公の廟所を訪れた話を御伝えしたと想いますわーい(嬉しい顔)

本日は

その後の話を御伝えしたいと想いますわーい(嬉しい顔)

その後

訪れた場所が

こちらバッド(下向き矢印)

09.11.03 026.jpg

何段あったでしょう?

と想うくらいの

階段を昇り

頂上に

『弁財天』がありました

この弁財天は

時宗の息子

北条貞時

9代執権が建てたもので

このような大きな鐘も創りました

09.11.03 025.jpg

そこからの景色が


こちらですバッド(下向き矢印)

09.11.03 029.jpg

09.11.03 030.jpg

富士山を観る事が出来る

素晴らしい光景でしたわーい(嬉しい顔)

また

良く観ないと気が付かないのですががく〜(落胆した顔)

目の前に

蜘蛛の巣ー(長音記号1)がありましたexclamation

こんなところに

巣を張る蜘蛛曇り

『どんな気分だろうわーい(嬉しい顔)



御参りして

階段を降り

円覚寺の宝物を見学しました目

年に1度の

『宝物風入?』とかいったでしょうか??

沢山の宝物を見ました目

北条時宗や北条貞時はもちろん

当時の天皇や公家、御家人などの御文書

見事な絵画アート

更には

室町将軍家の足利尊氏、足利義満

鎌倉公方の足利持氏などの文書

確か円山応挙の絵画もあったような気がしますexclamation

凄い数の宝物がありましたexclamation×2

自分が印象に残ったのは

足利義満の『字』

独特で個性的に感じましたわーい(嬉しい顔)

残念ながら撮影禁止カメラでしたので

画像はありませんが

貴重なものを拝見させて頂きましたわーい(嬉しい顔)

『ツイていましたexclamation

そして

円覚寺を後にするのでしたくつくつ


自分にとって円覚寺は

1番大好きなお寺』です黒ハート

うまく言えませんが

何か惹かれるものがありますexclamation×2



時間は13時くらいだったかな?

お腹が空きましたがく〜(落胆した顔)

次の目的地は

鎌倉5山の

1

『建長寺』

その前に

腹ごしらえをするのでしたわーい(嬉しい顔)

自分は

この寺が

どんな寺か知っていた為

流石に空腹では

中に入れませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

本日は

この辺で失礼しますexclamation

次は

『建長寺』について書きたいと想いますexclamation×2


http://ping.blogmura.com/xmlrpc/8cy7lj63xv3u








posted by よしの at 21:51| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 自然の中の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鎌倉もいい所ですよね。
一度しか言ったことが無いのですが、
歩く場所場所で歴史に触れることができて
とても楽しかったです。
今度はゆっくり行きたいな〜。
Posted by 夢子 at 2009年11月16日 01:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133018993

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。